HELP!パンク修理ガイド

工事系に関する情報なら当サイトにお任せ!

メカニックなどはテスターなどを頻繁に使っていますが、テスターなどを一般的に使用することのない車のユーザーにとりましては、バッテリーの良し悪しを判断する基準というものは感覚的となってしまうことがあるでしょう。
決して絶対的な判断基準になりえませんがここで記載していることは補助的な知識として覚えておいてください。

 

エンジンの始動というのは短時間で大電流を必要とするため放電時の電圧降下が少ない必要があります。
バッテリーの性能を判断する絶対的判断基準の一つであるものがあります。
それが始動性能の感覚的判断バージョンと言う事で「エンジンの掛かりはクランキングスピード」のような判断としては正しい決断を下すことが可能となります。

 

ただし車種によりましては始動時のクランキングスピードがかなり違ってきていますので、他車との比較をすることが出来ません。
このことから自分の車の感覚を覚えておくということが、自分の車のバッテリー性能の判断基準とんることがわかります。


 

まずはオイルフィルターの購入について報告をさせていただきます。
もちろんその為にはオイルフィルターレンチが必要となります。

 

オイルフィルターを取り外すための工具として使用するオイルフィルターレンチを手に入れる際には、事前に自分の車のオイルフィルターのサイズを把握した上で購入をするようにしてください。

 

現在におきましては、全てのサイズに合わせる事が可能なオイルフィルターレンチもありますので、サイズが分からない時はこれでも十分作業をすることが可能となっています。

 

ただし、それでも規格が合わないことが少々ありますので注意をしてください。
やはり予め調べておくころが重要となるでしょう。

 

エンジンオイルを抜き取る前には、1分程度でも良いのでエンジンを暖機しておく必要があるので忘れないでください。
その結果エンジンオイルの粘度が下がり、抜き取り時間が短くなります。
しかし暖機しすぎは火傷するので注意してください。
暖機が終了したら必ずエンジンを停止し、作業を開始しましょう。

 

廃油ポイの容量が大きかった場合は、エンジンオイルを抜き取ると同時にオイルフィルターを取り外す事も出来ますが、この時に使用している廃油ポイの大きさでによりましては同時に作業するとこぼれてしまう可能性も生じてしまいます。

ハワイアンジュエリー
http://maile.co.jp/
ハワイアンジュエリー




HELP!パンク修理ガイドブログ:16/05/25
昔からママは病弱で入退院を繰り返していましたが、
元気な時はおれやお姉ちゃんに料理を教えてくれたり、
手作りのお菓子を作ってくれました。

学校から帰って、台所の出窓に、
すり鉢とすりこぎとザルが並べられているのを見つけると
心が躍ったものです。

なぜなら、
ママの手作りのお菓子が用意されている合図だったから。

肉体こそ弱かったものの、
好奇心旺盛で料理好きなママは、
おれやお姉ちゃんを料理教室に通わせ、
料理に必要な材料は全て揃えてくれました。

その頃は珍しいガスオーブンを使った料理を作り、
包装紙の裏にメニューやその日に使うお皿を箇条書きに書き並べて
楽しそうに料理をするママを見て、
おれもいつしか料理の世界に惹きこまれていきました。

ママはおれが23歳の時に他界しましたが、
今でも私の偉大なる先生なのです。

おれがまだ小さい頃、我が家では、
毎年1月3日にお父さんの会社の人たちが大勢集まり
会議を開くという恒例行事がありました。

家中に目標を書いた紙を貼って、
午前中からお父さんと会社の人たちはゴルフ大会。

その間、
ママとおれとお姉ちゃんは、
人数分の料理の支度をするのです。

小学校低学年だったおれは、ホワイトソースを作る係。
薪をくべたストーブの上で
一生懸命ホワイトソース作りに専念したものでした。

家族の一員として責任ある仕事を任されたという気持ちで、
おれはその時間がとても好きでした。

そしてもう一つの楽しみは、
お父さんからの一年間がんばったご褒美。
お姉ちゃんやお兄さんにはお年玉、
まだ小さいおれには、ちょっと変わったご褒美が手渡されるのです。

「一年ありがとう」
そう言ってお父さんはおれに箱いっぱいの「冬苺」をくれました。
当時はめずらしい苺で、おれはそれが楽しみで仕方ありませんでした。


HELP!パンク修理ガイド モバイルはこちら