HELP!パンク修理ガイド

工事系に関する情報なら当サイトにお任せ!

メカニックなどはテスターなどを頻繁に使っていますが、テスターなどを一般的に使用することのない車のユーザーにとりましては、バッテリーの良し悪しを判断する基準というものは感覚的となってしまうことがあるでしょう。
決して絶対的な判断基準になりえませんがここで記載していることは補助的な知識として覚えておいてください。

 

エンジンの始動というのは短時間で大電流を必要とするため放電時の電圧降下が少ない必要があります。
バッテリーの性能を判断する絶対的判断基準の一つであるものがあります。
それが始動性能の感覚的判断バージョンと言う事で「エンジンの掛かりはクランキングスピード」のような判断としては正しい決断を下すことが可能となります。

 

ただし車種によりましては始動時のクランキングスピードがかなり違ってきていますので、他車との比較をすることが出来ません。
このことから自分の車の感覚を覚えておくということが、自分の車のバッテリー性能の判断基準とんることがわかります。


 

まずはオイルフィルターの購入について報告をさせていただきます。
もちろんその為にはオイルフィルターレンチが必要となります。

 

オイルフィルターを取り外すための工具として使用するオイルフィルターレンチを手に入れる際には、事前に自分の車のオイルフィルターのサイズを把握した上で購入をするようにしてください。

 

現在におきましては、全てのサイズに合わせる事が可能なオイルフィルターレンチもありますので、サイズが分からない時はこれでも十分作業をすることが可能となっています。

 

ただし、それでも規格が合わないことが少々ありますので注意をしてください。
やはり予め調べておくころが重要となるでしょう。

 

エンジンオイルを抜き取る前には、1分程度でも良いのでエンジンを暖機しておく必要があるので忘れないでください。
その結果エンジンオイルの粘度が下がり、抜き取り時間が短くなります。
しかし暖機しすぎは火傷するので注意してください。
暖機が終了したら必ずエンジンを停止し、作業を開始しましょう。

 

廃油ポイの容量が大きかった場合は、エンジンオイルを抜き取ると同時にオイルフィルターを取り外す事も出来ますが、この時に使用している廃油ポイの大きさでによりましては同時に作業するとこぼれてしまう可能性も生じてしまいます。

ハワイアンジュエリー
http://maile.co.jp/
ハワイアンジュエリー




HELP!パンク修理ガイドブログ:14/11/26
減量の成功に効果的な食べ物選びで
注意しなければいけないのは、
「できるだけ冷たいものを避ける」ということです。

氷の入った冷たいドリンクは避けて、
温かい緑茶や紅茶、ココアなどを飲むようにしましょう。

また食事でも、温かいメニューを選ぶようにしましょう。
味噌汁やスープなどの温かい汁物を毎食加えるようにすれば、
体質が温まる上に、少量でもウエストが膨れるので、
ご飯の食べ過ぎを防ぐという効果も期待でき、一石二鳥です。

そして一番大事なのは、
血となり肉となるたんぱく質をしっかりとることです。
いわゆる主菜といわれる、
肉や魚、卵の料理は必ず食事に取り入れましょう。

午前中から食べるのはちょっと重い…という方でも、
「昼食と夕食の一日2回」は食べるようにしましょう!

主菜が少ないと、減量の成功に必要な栄養素である
「たんぱく質(アミノ酸)」が足りなくなって、
内臓の働きが弱まり、筋肉も衰えてしまいます。

そうすると、
脂肪を燃やしにくく、ためやすい「低代謝」の体質になってしまい、
減量に失敗してしまうんです。

また、たんぱく質が足りないと、
減量の大敵である甘いスナック菓子の誘惑にも
打ち勝てなくなってしまいますよ。

特に減量中にオススメなのは、
羊や牛、豚の赤身の肉です。

というのも、実はこれらの肉には、
「L-カルニチン」という
脂肪の燃焼を高める成分が含まれているからです!

「減量には脂身が少ない鶏肉がよい」
と言う人もいますが、
この成分は残念ながら鶏肉にはほとんど含まれていないのです。

実際、
「お肉は鶏のささ身しか食べません」という方に限って、
太りやすかったりするんですよ!

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜

HELP!パンク修理ガイド モバイルはこちら