HELP!パンク修理ガイド

工事系に関する情報なら当サイトにお任せ!

メカニックなどはテスターなどを頻繁に使っていますが、テスターなどを一般的に使用することのない車のユーザーにとりましては、バッテリーの良し悪しを判断する基準というものは感覚的となってしまうことがあるでしょう。
決して絶対的な判断基準になりえませんがここで記載していることは補助的な知識として覚えておいてください。

 

エンジンの始動というのは短時間で大電流を必要とするため放電時の電圧降下が少ない必要があります。
バッテリーの性能を判断する絶対的判断基準の一つであるものがあります。
それが始動性能の感覚的判断バージョンと言う事で「エンジンの掛かりはクランキングスピード」のような判断としては正しい決断を下すことが可能となります。

 

ただし車種によりましては始動時のクランキングスピードがかなり違ってきていますので、他車との比較をすることが出来ません。
このことから自分の車の感覚を覚えておくということが、自分の車のバッテリー性能の判断基準とんることがわかります。


 

まずはオイルフィルターの購入について報告をさせていただきます。
もちろんその為にはオイルフィルターレンチが必要となります。

 

オイルフィルターを取り外すための工具として使用するオイルフィルターレンチを手に入れる際には、事前に自分の車のオイルフィルターのサイズを把握した上で購入をするようにしてください。

 

現在におきましては、全てのサイズに合わせる事が可能なオイルフィルターレンチもありますので、サイズが分からない時はこれでも十分作業をすることが可能となっています。

 

ただし、それでも規格が合わないことが少々ありますので注意をしてください。
やはり予め調べておくころが重要となるでしょう。

 

エンジンオイルを抜き取る前には、1分程度でも良いのでエンジンを暖機しておく必要があるので忘れないでください。
その結果エンジンオイルの粘度が下がり、抜き取り時間が短くなります。
しかし暖機しすぎは火傷するので注意してください。
暖機が終了したら必ずエンジンを停止し、作業を開始しましょう。

 

廃油ポイの容量が大きかった場合は、エンジンオイルを抜き取ると同時にオイルフィルターを取り外す事も出来ますが、この時に使用している廃油ポイの大きさでによりましては同時に作業するとこぼれてしまう可能性も生じてしまいます。

ハワイアンジュエリー
http://maile.co.jp/
ハワイアンジュエリー




HELP!パンク修理ガイドブログ:15/05/23
減量を思い立ったときに、
極端に食べる事を減らしたり、
偏った栄養素を摂取したりする方法を選ぶ人は
結構多いようですが…

誰しも激しい空腹に耐えうるほどの精神力を
持っているわけはありませんので、
大半の人は挫折してリバウンドします。

度を越した食べる事制限を続けていると、
拒食症・過食症などの摂食障害を、引き起こす可能性もありますので、
1日に最低限必要な栄養素は摂取するべきなんです!

ボク自身、過去に少々過度な食べる事制限をした経験がありますが、
健康障害を生じるほどではなかったにせよ、
低血糖状態で1日中頭がぼーっとしていました。

確かに体重は2ヶ月で8kgほど減りましたが、
やせるというよりやつれた感じで、周りの人から心配されるほどでした。

経験上からもいえることですが、
より整ったスタイルにするための減量が、
健康を害するリスクを負いながら、
みすぼらしくやせても何の意味もありません。

人間のからだは極端にエネルギー摂取が減ったときに、
飢餓状態に備えて代謝が落ち、脂肪をあまり燃やさなくなるそうです。

そして、わずかな食べる事からも
脂肪を貯めこんでしまうので、体脂肪は減りません。

さらに極端な食べる事制限をしていると、
からだは摂った食べる事から最大限の栄養素を吸収しようとしますので、
以前と同じ量の食べる事に戻しただけで太ってしまうのです。

極端な食べる事制限をしている間は、
空腹によるストレス状態が続いているので、
その反動から食べる事制限をする前よりも
食べる事量が増えてしまうことが多いようです。

結局、極端な食べる事制限ではやせにくいからだになった上に、
食べる事量が増えてしまう危険性がありますので、
激しい空腹を我慢する割には、なんにも良いことがないんですよね。


HELP!パンク修理ガイド モバイルはこちら