HELP!パンク修理ガイド

工事系に関する情報なら当サイトにお任せ!

メカニックなどはテスターなどを頻繁に使っていますが、テスターなどを一般的に使用することのない車のユーザーにとりましては、バッテリーの良し悪しを判断する基準というものは感覚的となってしまうことがあるでしょう。
決して絶対的な判断基準になりえませんがここで記載していることは補助的な知識として覚えておいてください。

 

エンジンの始動というのは短時間で大電流を必要とするため放電時の電圧降下が少ない必要があります。
バッテリーの性能を判断する絶対的判断基準の一つであるものがあります。
それが始動性能の感覚的判断バージョンと言う事で「エンジンの掛かりはクランキングスピード」のような判断としては正しい決断を下すことが可能となります。

 

ただし車種によりましては始動時のクランキングスピードがかなり違ってきていますので、他車との比較をすることが出来ません。
このことから自分の車の感覚を覚えておくということが、自分の車のバッテリー性能の判断基準とんることがわかります。


 

まずはオイルフィルターの購入について報告をさせていただきます。
もちろんその為にはオイルフィルターレンチが必要となります。

 

オイルフィルターを取り外すための工具として使用するオイルフィルターレンチを手に入れる際には、事前に自分の車のオイルフィルターのサイズを把握した上で購入をするようにしてください。

 

現在におきましては、全てのサイズに合わせる事が可能なオイルフィルターレンチもありますので、サイズが分からない時はこれでも十分作業をすることが可能となっています。

 

ただし、それでも規格が合わないことが少々ありますので注意をしてください。
やはり予め調べておくころが重要となるでしょう。

 

エンジンオイルを抜き取る前には、1分程度でも良いのでエンジンを暖機しておく必要があるので忘れないでください。
その結果エンジンオイルの粘度が下がり、抜き取り時間が短くなります。
しかし暖機しすぎは火傷するので注意してください。
暖機が終了したら必ずエンジンを停止し、作業を開始しましょう。

 

廃油ポイの容量が大きかった場合は、エンジンオイルを抜き取ると同時にオイルフィルターを取り外す事も出来ますが、この時に使用している廃油ポイの大きさでによりましては同時に作業するとこぼれてしまう可能性も生じてしまいます。

ハワイアンジュエリー
http://maile.co.jp/
ハワイアンジュエリー




HELP!パンク修理ガイドブログ:14/10/30
僕の知っている祖母は、
痴呆症で、物忘れだけではなく、徘徊もした。
まるで赤ん坊のようだった。

介護に興味のある僕にとって、
祖母のお世話をするのは経験となった。
一緒にお金を数えてみたり、お手玉を作ったりした。

何も反応のない連日ではあったが、
手を差し出すと祖母は、ぎゅっと僕の手を握り返してくれた。
その手からはぬくもりも感じられた。

「おばあちゃんには、うちのお子さんたちがお世話になったのよ」
葬式に来てくれた親子連れたちが、くちを揃えてそう言った。

ふと気づくと、葬式には、
今までに会ったこともない人たちがたくさん来て下さっていた。
祖母は有名人だったとでもいうのだろうか?

葬式の終わりに
祖母の思い出の写真が映し出された時、
僕は初めて祖母の偉大さを知った。

写真の祖母は、
僕の知っている祖母とはどことなく違い、
自信に満ち溢れていた。

まるでヒマワリのように背筋を伸ばし、
いきいきとしていた。

祖母の腕の中には、
生まれて間もない赤ん坊がいた。
優しくつつみ込み、お風呂にあげていた。

僕はまた涙がこぼれた。
助産婦をしていた頃の話をしてもらいたかったと
悔やんだりもした。

でも僕はその写真を見て、
あんなに笑顔に満ち溢れ、
赤ん坊に接する祖母に憧れを抱いた。

祖母は、助産婦という仕事を苦には思っていなかったと思う。
たくさんのお子さんに出会い、お世話が出来て幸せだっただろう。

痴呆になったのも今思えば、
助産婦を辞めてからだったはずだ。

そんな祖母は、
僕たち孫やムスコの名前を忘れてばかりいたが
自分がお世話した赤ん坊の名前を言えば、
無口な祖母がその時だけはお喋りが止まらず、
語っていたのを覚えている。

HELP!パンク修理ガイド モバイルはこちら