HELP!パンク修理ガイド

工事系に関する情報なら当サイトにお任せ!

メカニックなどはテスターなどを頻繁に使っていますが、テスターなどを一般的に使用することのない車のユーザーにとりましては、バッテリーの良し悪しを判断する基準というものは感覚的となってしまうことがあるでしょう。
決して絶対的な判断基準になりえませんがここで記載していることは補助的な知識として覚えておいてください。

 

エンジンの始動というのは短時間で大電流を必要とするため放電時の電圧降下が少ない必要があります。
バッテリーの性能を判断する絶対的判断基準の一つであるものがあります。
それが始動性能の感覚的判断バージョンと言う事で「エンジンの掛かりはクランキングスピード」のような判断としては正しい決断を下すことが可能となります。

 

ただし車種によりましては始動時のクランキングスピードがかなり違ってきていますので、他車との比較をすることが出来ません。
このことから自分の車の感覚を覚えておくということが、自分の車のバッテリー性能の判断基準とんることがわかります。


 

まずはオイルフィルターの購入について報告をさせていただきます。
もちろんその為にはオイルフィルターレンチが必要となります。

 

オイルフィルターを取り外すための工具として使用するオイルフィルターレンチを手に入れる際には、事前に自分の車のオイルフィルターのサイズを把握した上で購入をするようにしてください。

 

現在におきましては、全てのサイズに合わせる事が可能なオイルフィルターレンチもありますので、サイズが分からない時はこれでも十分作業をすることが可能となっています。

 

ただし、それでも規格が合わないことが少々ありますので注意をしてください。
やはり予め調べておくころが重要となるでしょう。

 

エンジンオイルを抜き取る前には、1分程度でも良いのでエンジンを暖機しておく必要があるので忘れないでください。
その結果エンジンオイルの粘度が下がり、抜き取り時間が短くなります。
しかし暖機しすぎは火傷するので注意してください。
暖機が終了したら必ずエンジンを停止し、作業を開始しましょう。

 

廃油ポイの容量が大きかった場合は、エンジンオイルを抜き取ると同時にオイルフィルターを取り外す事も出来ますが、この時に使用している廃油ポイの大きさでによりましては同時に作業するとこぼれてしまう可能性も生じてしまいます。

ハワイアンジュエリー
http://maile.co.jp/
ハワイアンジュエリー




HELP!パンク修理ガイドブログ:14/04/17
あたくしがまだ小学校二年生の時、
普段無口な親父が珍しく
あたくしを花火大会に連れて行ってくれました。

それまで、
親父と二人だけで出掛けた事はなかったと思います。

たち並ぶ夜店にあたくしの視線は奪われっぱなし…

もし一緒にいたのが親父でなかったら
「あれがほしいこれがほしい」と、
店の前で地団駄を踏んでいたはずです。

でも親父の前ではなぜか
それが出来ませんでした。

しかし、グッと堪えていたあたくしの足を
ピタリと引き止める物に出会ってしまったのです。

それは、
赤や青 黄色に緑…と着色されたヒヨコでした。

目を輝かせ一心不乱に見つめていた
あたくしの心の声が聞こえたかのように、
親父はニッコリ笑って言いました。
「何色が良い?」
あたくしは緑のヒヨコを買ってもらいました。

あたくしは一生懸命ヒヨコの世話をしました。
ヒヨコは大きくなるにつれて色はなくなり、
普通の鶏になりました。

それでも飽きることなく
あたくしは世話を続けました。

そしてある午前中、
あたくしが鶏小屋に行ってみると、
小屋の隅に真っ白な卵がありました。
嬉しくなったあたくしは卵を手にみんなに見せて回りました。

「お前が頑張って世話をしたから産んだんよ」
そう言って、祖母が卵かけごはんを作ってくれました。

それまで食べていた卵かけごはんに比べると、
甘味があって、最高に美味しく感じたのを覚えてます!

数年後、
祖母が亡くなって10日ほどが過ぎた夕方飯のときでした。

卵をたった一つしか産まないまま、
近所の養鶏所に引き取られて行った…
あの緑のヒヨコの話しになりました。

親父は言いました。
「夜店に売ってるヒヨコは全部オスだから卵を生むはずがない」
あたくしは驚きました!

あの日の卵は
一生懸命に鶏の世話をし続けたあたくしを悲しませまいと、
祖母がこっそり置いてくれたものだったのです。 


HELP!パンク修理ガイド モバイルはこちら