HELP!パンク修理ガイド

工事系に関する情報なら当サイトにお任せ!

メカニックなどはテスターなどを頻繁に使っていますが、テスターなどを一般的に使用することのない車のユーザーにとりましては、バッテリーの良し悪しを判断する基準というものは感覚的となってしまうことがあるでしょう。
決して絶対的な判断基準になりえませんがここで記載していることは補助的な知識として覚えておいてください。

 

エンジンの始動というのは短時間で大電流を必要とするため放電時の電圧降下が少ない必要があります。
バッテリーの性能を判断する絶対的判断基準の一つであるものがあります。
それが始動性能の感覚的判断バージョンと言う事で「エンジンの掛かりはクランキングスピード」のような判断としては正しい決断を下すことが可能となります。

 

ただし車種によりましては始動時のクランキングスピードがかなり違ってきていますので、他車との比較をすることが出来ません。
このことから自分の車の感覚を覚えておくということが、自分の車のバッテリー性能の判断基準とんることがわかります。


 

まずはオイルフィルターの購入について報告をさせていただきます。
もちろんその為にはオイルフィルターレンチが必要となります。

 

オイルフィルターを取り外すための工具として使用するオイルフィルターレンチを手に入れる際には、事前に自分の車のオイルフィルターのサイズを把握した上で購入をするようにしてください。

 

現在におきましては、全てのサイズに合わせる事が可能なオイルフィルターレンチもありますので、サイズが分からない時はこれでも十分作業をすることが可能となっています。

 

ただし、それでも規格が合わないことが少々ありますので注意をしてください。
やはり予め調べておくころが重要となるでしょう。

 

エンジンオイルを抜き取る前には、1分程度でも良いのでエンジンを暖機しておく必要があるので忘れないでください。
その結果エンジンオイルの粘度が下がり、抜き取り時間が短くなります。
しかし暖機しすぎは火傷するので注意してください。
暖機が終了したら必ずエンジンを停止し、作業を開始しましょう。

 

廃油ポイの容量が大きかった場合は、エンジンオイルを抜き取ると同時にオイルフィルターを取り外す事も出来ますが、この時に使用している廃油ポイの大きさでによりましては同時に作業するとこぼれてしまう可能性も生じてしまいます。

ハワイアンジュエリー
http://maile.co.jp/
ハワイアンジュエリー




HELP!パンク修理ガイドブログ:15/04/17
減量する方法として、
ランニングやウォーキングから始める人も多いのではないでしょうか。

当然ではありますが、
ランニングやウォーキングは、減量に効果的です。
どちらがより効果的かというと、
同じ時間の体操でも体操量が多い、ランニングですね。

しかし、
日々10分ランニングするのと
10分ウォーキングするのでは、
どちらが継続すると思いますか?

日々するとなると、
ウォーキングの方が継続しそうですよね。

また、普段あまり体操をしない人が、
いきなりランニングをすると、
ヒザなどに故障が起きることもあります。

なので、
まずはウォーキングから始めて、
徐々に距離や時間を伸ばし、体操に慣れてきたら、
ランニングに移行するのが良いと思います。

もちろん、
ウォーキングも減量に向いている体操です。

ただし、ダラダラ歩くのではなく、
背筋を伸ばしてキビキビと歩いかないと、
減量効果は薄いみたいですよ!

ゆっくりウォーキングする場合でも、
正しい姿勢で歩かなければ、
足や腰に負担をかけてしまうだけなので、注意しましょう。

さらに減量効果を上げたいなら、
エクササイズウォーキングがお勧めです。

エクササイズウォーキングは、
腕を大きく振り、歩幅も大きく広くして、早足で歩くというものです。

これだと全身の筋肉を使うことになるため、
消費カロリーも多くなります。

減量を長く続けるためには、
ウェアやシューズ、水分補給するためのボトルなどを
用意するといいかもしれませんね。

特に、足に合ったシューズと水分補給は大切ですよ!


HELP!パンク修理ガイド モバイルはこちら